柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

柔整科

柔道整復師とは?

ほねつぎや接骨院という言葉とともに知られている柔道整復師。骨折、脱臼、打撲、ねんざ、肉離れなどのけがに施術を行い、治療にあたります。 その施術法は薬や手術に頼らず、手技によって人間の自然治癒力を引き出し、自らの力で患部を回復させるものです。骨や筋肉、関節を熟知した柔道整復師は、メディカルケアのプロとも言うべき存在です。

どこで働くの?
  • 接骨院勤務
  • 接骨院開業
  • 整形外科・病院勤務
  • 介護施設
  • スポーツ関係
  • 柔道整復師養成教員

卒業後の進路

柔道整復師と整体師の違いとは

  柔道整復師 整体師
資格 国家資格 民間資格
目的 外傷(ケガ)を治す(医療) 体の調子を整える(慰安、民間療法)
施術内容 骨折、脱臼、打撲、ねんざ、挫傷などに対する施術を行う 主に手や肘を使い、背骨を中心とした体のゆがみを整えて不調を改善する
働く場所 接骨院、整骨院、病院など 整体院、カイロプラクティック院など
健康保険 取り扱いができる 取り扱いができない

スポーツや福祉の分野でも、注目される柔道整復師

柔道整復術は現代社会においても注目を集めています。スポーツ文化の盛り上がりにともない、現場でのフィジカルケアや応急処置を行う、スポーツトレーナーとしての柔道整復師も活躍中です。また、福祉施設や介護施設などで働く柔道整復師も増え、ますます活躍の場が広がっています。

柔道整復師になるには

柔道整復師になるには、本校で3年間の授業を履修し、国家資格に合格する必要があります。本校では、基礎学力から実践的な応用力を身につけられるカリキュラムを通して、高いスキルと人間性を持つ医療人の育成を目指しています。

柔道整復師とは?
授業内容の紹介
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
卒業後の進路
ダブルスクール制度
 
PAGETOP