柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

柔整科

授業内容・講師陣

伝えたいのは医療人としての「ちえ、わざ、こころ。」

実践的な学習を支える講師陣のサポート!

実践的な学習を支えるのは、経験豊富な講師陣による熱心なサポートです。本校の講師には、一線で活躍する柔道整復師や現役医師など各分野のエキスパートがそろっています。医療現場での実情に通じているため、より具体的な指導が行えるのです。

先生からのメッセージ

柔整科学科長 鈴木 英明

「包括的な柔道整復師の育成」を目指して

柔道整復術は多彩な魅力を備えた伝統医療です。医療現場に限らず、介護やスポーツ関連の職場でも活用できる点は、大きな特徴と言えるでしよう。そのため、本校では平成30年度より、多様な分野に対応できる「包括的な柔道整復師の育成」を目指し、新しいカリキュラムを展開していきます。臨床経験豊富な教員がみなさんを全力でサポートしていきます。医療人の夢に向かって、 ー緒にがんばりましょう!

段階的に学ぶ授業とカリキュラム

〈通常授業〉

〈国家試験対策セミナー〉

〈海外研修〉

柔整科カリキュラム

人体の基本的な構造を知り、基礎を学ぶ

  • ・からだの仕組みⅠ
  • ・からだの仕組みⅡ
  • ・からだの仕組みⅢ
  • ・からだの働きⅠ
  • ・からだの働きⅡ
  • ・からだの働きⅢ
  • ・スポーツ科学Ⅰ
  • ・解剖学Ⅰ
  • ・柔道Ⅰ
  • ・基礎柔整学Ⅰ
  • ・基礎柔整学Ⅱ
  • ・基礎柔整学Ⅲ
  • ・基礎柔整学Ⅳ
  • ・臨床柔整学Ⅰ
  • ・臨床柔整学Ⅱ
  • ・臨床柔整学Ⅲ
  • ・基礎実技Ⅰ
  • ・基礎実技Ⅱ
  • ・基礎実技Ⅲ
  • ・基礎柔整実技Ⅰ
  • ・基礎柔整実技Ⅱ
  • ・応用実技Ⅰ
  • ・画像評価実技Ⅰ
  • ・総合実技Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅰ
  • ・職業教育Ⅰ

実践力と応用力を身に付ける

  • ・解剖学Ⅱ
  • ・解剖学Ⅲ
  • ・生理学Ⅰ
  • ・生理学Ⅱ
  • ・運動学
  • ・病理学概論
  • ・一般臨床医学
  • ・外科学概論
  • ・整形外科学
  • ・リハビリテーション医学
  • ・衛生学・公衆衛生学
  • ・柔道Ⅱ
  • ・臨床柔整学Ⅳ
  • ・臨床柔整学Ⅴ
  • ・臨床柔整学Ⅵ
  • ・臨床柔整学Ⅶ
  • ・基礎実技Ⅳ
  • ・基礎柔整実技Ⅲ
  • ・基礎柔整実技Ⅳ
  • ・画像評価実技Ⅱ
  • ・総合実技Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅲ
  • ・職業教育Ⅱ

国家試験対策と、現場で役立つ技術を身に付ける

  • ・解剖学Ⅳ
  • ・生理学Ⅲ
  • ・総合教育科目(Ⅰ)
  • ・疾病と傷害演習
  • ・総合教育科目(Ⅱ)
  • ・保健医療福祉
  • ・関係法規
  • ・柔道Ⅲ
  • ・柔道整復術の適応
  • ・社会保障制度
  • ・基礎柔整学Ⅴ
  • ・臨床柔整学Ⅷ
  • ・臨床柔整学Ⅸ
  • ・総合教育科目(Ⅲ)
  • ・応用実技Ⅱ
  • ・応用実技Ⅲ
  • ・応用実技Ⅳ
  • ・総合実技Ⅲ
  • ・臨床実習Ⅳ
  • ・臨床研修

海外研修

海外協力校であるフィリピンの名門大学「デ・ラ・サール大学」にて、解剖学の講座や実習を実施。貴重な知識や技術を身に付けることができます。
ハードな研修を乗り切れるよう、滞在先のホテルは、安全面や衛生面も安心の五つ星ホテルで過ごします。夜はみんなでの食事やプールでのリフレッシュなど、楽しい思い出になる8日間です。

トレーナー研究部

希望者による部活動です。将来、トレーナーなどスポーツ分野での活躍を目指す学生が、トレーナーに関する知識・技術を学びます。

週1回の特別セミナー

授業で習う内容以上の深い知識・技術を学びます。

柔道部のトレーナー活動

本校の柔道部に対い、トレーナーとして活動します。

各種大会でのトレーナー活動

様々なスポーツ大会に携わり、選手の救援活動やトレーナー活動を行い、現場力を身に付けます。

スキー場救護活動

毎年冬には、提携するスキー場で救護活動を手伝っています。スキー場が多い福島県の特徴を生かした臨床実習です。

柔道整復師とは?
授業内容・講師陣
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
就職・サポート体制
卒業後の進路
卒業後の進路
ダブルスクール制度
 

福島医療のイベントを
のぞいてみよう!

  • オープンキャンパス
  • 学校説明会
PAGETOP