柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

柔整科

がんばる先輩たち

バイト、授業、トレーナー研究会。効率よく時間を使って勉強中。

在校生

渡部 亜梨沙さん

柔整科3年生
福島県矢吹町出身/光南高校卒業
 柔道整復師になろうと思ったのは、通っていた接骨院で先生の技に興味を持ったことがきっかけです。もともとストレッチやマッサージをすることが好きで、高校のときにテーピングを習ったこともあり、学びたいと思うようになりました。
 学校では午後から授業を受ける2部で学んでいます。午前中にはアルバイトをこなし、授業が終わった後はトレーナー研究会で活動。時間を効率よく使って勉強しています。
 授業の中で最も楽しいのは柔整理論です。これは骨折、脱臼、捻挫、打撲といったさまざまなけがに対し、原因や治療法などを学ぶ授業。内容も濃いため、勉強し甲斐がありますね。
 将来は接骨院で働きたいと考えています。スポーツをしていたので、スポーツ選手の施術にも関わってみたいですね。

研修先の院長先生を目標に、医療人の夢に向かって日々努力。

在校生

大田原 一暉さん

柔整科2年生
福島県福島市出身/福島工業高校卒業
 最初は大学に行こうと思っていましたが、地元にあること、ダブルスクール制度の存在、接骨院で研修しながら通学できること、国家試験合格率の高さなどに魅力を感じて入学を決意しました。臨床やスポーツの現場に触れられることも大きかったですね。
 医療系に興味を持ったのは、今の研修先の院長先生がきっかけです。向上心を持って勉強する姿や自分の考えを持っているところに影響を受けました。自分もそんな医療人になりたいですし、いつか超えたいとも思っています。卒業後もいまの治療院で働き、恩を一つ一つ返していけたらと思います。
 学校の先生方には柔道経験者も多いですが、体育会系の怖いイメージはありません。親身になって教えてくれますし、自分の夢を追うにはベストな環境がそろっていると思いますよ。

家族とともに営む治療院で、細やかな対応を心掛ける日々。

平成25年度卒業生接骨院勤務

齋藤 翔太さん

福島県福島市出身
ひとみ鍼灸接骨院勤務 柔道整復師
 私の家族が営んでいる、福島市のひとみ鍼灸接骨院に勤務。姉が院長、父が受付、叔母が助手、そして私が柔道整復師を務めています。家族経営なので言いたいことが言える分、ときに言い過ぎてしまうことがあるので注意が必要ですね。
 利用者の7割が女性なので、きめ細かい対応を心掛けています。「楽になった」「痛みがなくなった」などと言われるとうれしい半面、施術や経過を説明することの難しさも感じていますね。回復に時間の掛かる方もいらっしゃるので、施術に関しては先輩で上司でもある姉にも相談しながら進めています。

機能訓練指導員として、高齢者の変化を見逃さず対応。

平成26年度卒業生介護施設勤務

木村 沙織さん

福島県本宮市出身
ケアテル猪苗代勤務 柔道整復師
 介護老人保健施設であるケアテル猪苗代で、機能訓練指導員として働いています。利用者それぞれで疾患が異なるため、注意しながら業務にあたらなくてはなりません。その点が大変ですが、マッサージを行った際などに「とても楽になった」などと言っていただけると、それまでの苦労も吹き飛んでしまいますね。
 日々の業務で気を付けているのは、利用者としっかりコミュニケーションを取り、状態に合わせてマッサージを行うこと。けがや病気でうまく話せない方もいらっしゃいますが、相手の細かい変化を見逃さず対応できるよう心掛けています。
柔道整復師とは?
授業内容の紹介
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
卒業後の進路
ダブルスクール制度
 
PAGETOP