柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

柔整科

がんばる先輩たち

在校生

田子 華菜さん

柔整科3年(1部)
福島県いわき市出身(湯本高校出身)

女性の柔道整復師ならではの道を切り開いていきたい。

女性の柔道整復師ならではの道を切り開いていきたい。
福島医療には、開業している先生もおり、教科書には載っていない臨床的な部分も多く学んでいます。トレーナー研究部では、高校のサッカー部やトライアスロン大会、スキー場などの現場で実際に怪我の様子を見ることができ、とても勉強になっています。勉強だけでなく、山登りやウィンタースポーツ実習など、楽しい時間もあるので、けじめをつけて勉強ができる環境が整っているのが魅力です。女性アスリートの活躍が目覚ましい今、女性柔整師ならではの道を切り開いていくことが、私の目標です。

瀨谷 翔太さん

柔整科3年(2部)
茨城県高萩出身(高萩清松高校出身)

先生が熱心だから、学ぶ意欲がある人ほど伸びる学校です。

福島医療は、資格取得に向けた先生方のサポートが手厚い学校です。実習も多いので、学びたい意欲がある人ほど、技術が身に付く環境だと思います。理解できないところは授業外の時間でも、先生が細かく指導してくれます。クラスは少人数なので、一致団結して和気あいあいと楽しい学校生活を送っています。将来は、治療に携わる人として、病院や整形外科などさまざまな医療機関と連携を取り、地域の人々の健康を守る柔道整復師になりたいです。

Student's DATA

卒業生メッセージ

柔道整復師・鍼灸師 伊藤 彰彦さん

かまた鍼灸整骨院開業(福島県福島市)
柔整科平成17年度卒業生/鍼灸科平成20年度卒業生
福島県福島市出身(聖光字院高校卒業)

心身ともに充実した生活を送ることができる。この仕事は私にとって「天職」です。

一度きりの人生だから、本気で学び、本気でできる仕事に就きたい。それが私の夢でした。以前から私が通院していた接骨院の先生に憧れており、好きなスポーツに携わることができたら良いなと考えていたので、今の職業を目指しました。現在は、鍼灸整骨院での施術やトレーナー活動を中心に行っています。
たくさんの患者さんが、数ある鍼灸院や接骨院の中から当院を選んでくれること、また、患者さんが日に日に症状が良くなり、笑顔になる瞬間が増えることにとてもやりがいを感じています。今、心身共に充実した生活を送っているのも、この仕事だからこそだと実感しています。さらに今、私の周りには、共感できるスタッフや仲間もいます。人も自分も幸せになれるこの仕事は、私にとってまさに「天職」です。

柔道整復師 古川 舜さん

むつき会 雅 勤務(福島県郡山市)
平成26年度卒業生
福島県郡山市出身(尚志高校卒業)

車いす生活の方がリハビリで歩けるようになった時は感動しました。

私は今、老人ホームで機能訓練指導員としてリハビリを行っています。この仕事に興味を持ったのは就職相談会で当法人のブースで話を聞いたことがきっかけでした。担当者から仕事内容や職場の雰囲気を伺っていくうちに「柔道整復師としての治療だけでなく“リハビリ"にも携わってみたい」と思いました。
老人ホームの利用者様の中には、日常の動作が自立されている方から、身体に麻痺がある方、関節の動きが悪くなっている方などが入居されています。私は利用者様ー人ー人に合ったプログラムを計画して実施しています。以前、車椅子で生活していた人がリハビリを行ったことで歩けるようになった時は、感動が大きかったですね。
柔道整復師とは?
授業内容の紹介
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
卒業後の進路
ダブルスクール制度
 
PAGETOP