柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

歯科衛生士科

授業内容の紹介

伝えたいのは医療人としての「ちえ、わざ、こころ。」

基礎学力から応用力まで、しっかり身に付く!

本校では国家試験合格のみならず、実際に社会で役立つ医療人の育成を目指しています。このため必修科目に加え、実践的な知識を学べる科目を積極導入しています。また臨床現場に触れる機会を重視し、9カ月間もの臨地実習を設定。基本的な学力から実践的な応用力まで身に付けられる学習環境を整えています。教育設備も充実しており、実習室の液晶モニターでは、先生が教える細かい動きもしっかり確認できます。

先生からのメッセージ

歯科衛生士科学科長 柴田 佐智子

学生ひとりひとりに合わせた、
細やかな指導を心掛けて。

口腔疾患と全身の病気との密接な関係は、いまや常識となりつつあります。歯科衛生士を目指すみなさんには、虫歯や歯周病を治すだけでなく、歯と口をはじめとした全身の健康を支える医療人として、幅広い知識とコミュニケーション能力を身に付けてほしいですね。臨床の現場では患者さんと接する時間が長いので、独自の信頼関係が生まれることもあります。場合によっては、家族のように支えていくこともあるでしょう。もちろん他の医療職と同様、自分の力によって口腔内の変化が実感できる職業でもあります。回復の様子を実感する事で、大きなやりがいが感じられるでしょう。そのような医療人を目指す歯科衛生士科では、担任教員を中心に学生ひとりひとりへ細やかな対応を心掛けて指導にあたっています。

歯科衛生士科 学生の声

先生は、距離が近く話しやすいので、いい意味で先生という感じじゃないです。一人ひとり向き合ってくれているのを感じますし、優しいです。

国家試験の時は、先生も一緒に闘っている感じです。先生がいっしょに頑張ってくれるのは分かります。ただ一方的に教えるというのではなく。

先生に、実習で「あ~、いいね~」って言ってもらえるのが嬉しい。次の実習も褒めてもらえるように、一生懸命復習して、がんばって、イメージトレーニングしています。

全員合格を目指し、国家試験対策チームを組織!

ベテラン講師陣による対策プロジェクトチームを組織し、国家試験合格率100%を目指しています。試験傾向を分析して合格への具体的プログラムを設定するほか、成績向上を目的とした国家試験対策セミナーも設けています。

親身になってサポートしてくれる講師陣!

学生のみなさんから高い評価を受けているのが、先生たちの熱心な指導です。分からないことはすぐに質問できるほか、先生たちがひとりひとりの学生をしっかり把握しているため、安心のサポート体制となっています。また学年ごとに担任制にし、学習面も生活面も親身になって学生をサポートしています。

歯科衛生士科カリキュラム

※クリックで詳細をご覧いただけます。

  • 基礎分野Open or Close
    基礎生物学
    生物学の基礎を学習します。
    情報処理科学
    歯科臨床の場で役立つ情報処理を中心に学習します。
    社会学
    法律の基礎と医事関係法規の総論を学習します。
    外国語
    チェアーサイドで役立つ英会話を中心に学習します。
    心理学
    患者様の気持ちや行動を理解する分野です。
  • 専門基礎分野Open or Close
    解剖学
    人体各部の構造を学習します。
    組織発生学
    歯や口腔を中心に、人体の微細構造を学習します。
    生理学
    人体各部の機能を学習します。
    口腔解剖学
    歯や口腔の構造を学習します。
    口腔生理学
    歯や口腔の機能を学習します。
    病理学・口腔病理学
    歯や口腔の病気を中心に、その成り立ちや病態を学習します。
    薬理学・歯科薬理学
    歯科で使われる薬の種類や作用を学習します。
    微生物学・口腔微生物学
    口腔内に常在する微生物の種類や特徴を学習します。
    衛生学・公衆衛生学
    人間集団の健康問題とその予防対策について学習します。
    口腔衛生学
    歯や口腔の病気を予防し、健康を保つための知識を学習します。
    歯科統計学
    歯科領域で必要な統計学を学習します。
    社会歯科学
    歯科医療を取り巻く社会保険制度を学習します。
  • 専門分野Open or Close
    歯科衛生士概論
    歯科衛生士の資格や仕事の意義を学習します。
    歯科臨床概論
    歯科医療の概要と、診療補助の基礎を学習します。
    歯科保存学
    歯や歯周組織の病気、保存的治療を学習します。
    歯科補綴学
    歯やあごの欠損部を回復させる方法を学習します。
    口腔外科学・歯科麻酔学
    歯や口腔および隣接組織に現れる現象と治療法を学習します。
    小児歯科学
    小児の成長発育や歯科診療を学習します。
    歯科矯正学
    歯やあごの不正な成長発育、噛み合わせの不正を学び、治療法についても学習します。
    歯科放射線学
    放射線の基礎について学び、X線撮影について学習します。
    歯科予防処置論(実習を含む)
    歯や口の健康を守るために歯垢や歯石を取り除いたり、薬物塗布や予防填塞を行ったりすることで歯周病や虫歯を予防する方法を学習します。
    歯科保健指導論(実習を含む)
    歯磨き指導や食生活指導について学習します。
    栄養指導
    栄養学の基礎と、歯科保健指導の基礎知識を習得します。
    歯科診療補助論(実習を含む)
    歯科医師の指示で診療を総合的に補助する方法を学習します。
    臨地実習
    歯科診療所、病院歯科、行政機関および社会福祉施設などで、実際の業務について訓練します。
  • 選択必修科目Open or Close
    隣接医学
    歯科と関連する全身疾患を中心に学習します。
    臨床検査学(実習を含む)
    歯科に関連する臨床検査を学習します。
    歯科東洋医学
    東洋伝統医学の観点から歯や口の病気について学習します。
    高齢者・障がい者歯科学
    高齢者や障がい者の歯や口の病気や治療法を学習します。
    審美歯科学
    歯や口もとの美しさをつくり出す歯科治療について学習します。

 

臨地実習について

学校外の臨床現場を訪ね、歯科医師、歯科衛生士などの指導を受ける。

本校では、学生たちが実際の医療現場で一線の歯科医師や歯科衛生士などの指導が受けられるよう、学校外の臨床現場に触れる「臨地実習」を実施しています。歯科医療現場での実習、患者様の年齢に合わせて虫歯予防を伝える保健指導などを通し、さまざまな人々への接し方や現場の雰囲気などを学んでいきます。
実習場所は歯科医院、総合病院の口腔外科、子ども支援センター、社会福祉施設、幼稚園、保育園など約80カ所。期間は9カ月間におよび、時間は9:00〜17:00となります。

臨地実習の一例

※第Ⅱ期、第Ⅲ期は週一度、木曜日に登校。
※その他の施設には幼稚園や子ども支援センターなどもあります。

歯科衛生士とは?
授業内容の紹介
2部制のメリット
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
学費
 
PAGETOP