柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

歯科衛生士科

がんばる先輩たち

母娘2代で歯科衛生士を志望。

在校生

板橋 風香さん

歯科衛生士科2年生
福島県会津若松市出身/喜多方東高校卒業
母親が6期生として通っていました。自宅で教科書や資料を見ているうち、私も学んでみたいと思って入学。歯科診療補助実習や歯科予防処置実習などの授業が楽しいと感じています。機器操作がうまくいったときは、うれしくなりますね。子どもが好きなので、将来は小児歯科に関わりたいと考えています。

歯科助手から一段上の医療人へ。

在校生

坂井 愛乃さん

歯科衛生士科2年生
岐阜県可児市出身/京都女子大学卒業
歯科助手として働き始めて3年。歯についてもっと知りたいと思い、歯科衛生士を目指すことにしました。学んでいて楽しい授業は歯科診療補助論です。歯科助手をしていたときは指示通りに器材を準備していたのですが、その一点一点に効果や使用目的があることを理解できる点が楽しいです。

学校で身に付けた知識が、現場に生かされていると実感。

歯科衛生士科 平成26年度卒業生歯科医院勤務

村松 歩美さん

福島県二本松市出身
金谷川歯科医院勤務
 福島市の金谷川歯科医院で働き、歯科診療補助、歯科保健指導、歯科予防処置などに取り組んでいます。ほかにも、カルテの準備や会計処理、また患者さんの予約管理などの業務にも対応しています。
 在学時には、歯科衛生士役と患者役とを交互に務める相互実習を経験しましたが、その経験が職場で生かされていると感じますね。障がいをお持ちの方も来院するので、障がい者歯科の学習内容も生かされています。

歯科医院に通えない方を訪ね、治療と口腔ケアにあたる。

歯科衛生士科 平成26年度卒業生介護施設勤務

鈴木 里江子さん

福島県いわき市出身
公益財団法人ときわ会 訪問歯科勤務
 いわき市の公益財団法人ときわ会訪問歯科勤務。歯科医院に通うことが難しい方に対し、自宅や施設を訪問して治療および口腔ケアにあたっています。
 利用者は介護を要する高齢者の方がほとんど。認知症や寝たきりの方もいらっしゃるため、意思疎通や体力面で苦労することもあります。しかし歯科医院に通えず困っていた方から感謝されることも多く、そんなときには苦労も忘れるほどのやり甲斐を感じますね。
歯科衛生士とは?
授業内容の紹介
2部制のメリット
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
学費
 
PAGETOP