柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

鍼灸科

がんばる先輩たち

在校生

佐久間 風香さん

鍼灸科2年(2部)・柔整科3年(1部)
福島県須賀川市出身(日大東北高校出身)

鍼灸と柔整のダブルスクールで学んでいます。

祖父が鍼灸師で、患者さんを治療する姿を幼い頃から見ていたので小学生の頃から憧れていました。高校では陸上部でケガをして接骨院に通った経験もあり、柔道整復師の資格も取りたいと考えるようになりました。大学進学と迷ったけれど、ー番やりたかった鍼灸が学ベる福島医療で、鍼灸と柔整のダブルスクールで2学科に通うことを決めました。将来は、 鍼灸師と柔道整復師という2つの視点から患者さんを診ることができる治療家になりたいと思っています。

石塚 浩太さん

鍼灸科3年(2部)
福島県本宮市出身(田村高校出身)

地域の子どもたちのために、「小児はり」の分野を広めたい!

高校時代、母が勤めている子育て支援施設で、被災地ボランティアに参加しました。そこでは関東から来た鍼灸師が「小児はり」の施術を行っていました。刺さない鍼は心地が良く、泣いている子どもたちがぴたりと泣き止んだり、症状が改善するのを目の当たりにして感銘を受けました。小児はりができる鍼灸院を開業したいと思い、学校の勉強やセミナーに参加し、学んでいます。

Student's DATA

卒業生メッセージ

鍼灸師 曵地 由妃さん

とうばい治療院勤務(福島県福島市)
平成26年度卒業生 福島県石川郡石川町出身(学法法人石川高校卒業)

「美容」という視点から人を元気にする仕事。より多くの人を美しくしたいです。

私がこの道に進んだきっかけは、一緒に住んでいる祖母が昔から膝が悪く、痛みに苦しんでいたので、 祖母を助けてあげたいという思いと、私自身、美容系の仕事がしたいというふたつの思いがあったからです。どちらも叶えられる仕事を探していたら、鍼灸という夢にたどり着きました。鍼灸の勉強に加えて、エステも学び、それを今お客様に喜んでもらえていることに、やりがいを感じています。

鍼灸師・柔道整復師 佐藤 誠さん

まこと鍼灸整骨院開業(福島県郡山市)
鍼灸科平成19年度卒業生/柔整科平成22年度卒業生 福島県郡山市出身(郡山高校卒業)

大切なのは、どれだけ患者様と向き合えるか。

現在は鍼灸整骨院を開業しています。また高校競技のサポートやスポーツチームと契約し、トレーナー活動も行っています。辛い症状で来院する患者さんが施術後に「楽になった」「良くなった」と言ってくれることが一番の喜びで、その瞬間のために生きているという感覚です。日々の診療を通して感じることは、施術する側がどれだけー生懸命に患者さんのことを考えられるかが重要だと思っています。そして、先生と患者である前に、人と人であることが大切だと思います。自分がー生懸命やればきっと相手に伝わるはず!という信念のもと日々患者さんに接しています。
鍼灸師とは?
授業内容の紹介
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
学費
ダブルスクール制度
 
PAGETOP