柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

鍼灸科

がんばる先輩たち

午後からの授業で無理なく勉強。夢は相手に寄り添える鍼灸師。

在校生

藤倉 亜美さん

鍼灸科3年生
福島県福島市出身/安達高校卒業
 臨床に関わる鍼灸を深く学びたいと思い、福島医療専門学校に入学。お昼から夕方までの授業を選ぶことができ、自分のペースで無理なく勉強できると考えて決めました。
 勉強している中で一番楽しいのは実技の授業です。実技は人の体に鍼や灸が施せる貴重な時間。鍼の深さやお灸の硬さ、ツボの使い方など実際に試したうえで学べる点が楽しいですね。逆に一番大変なのは解剖学。自分の体の仕組みが分かる点は楽しいのですが、覚えることが多くて苦労しています。
 卒業後は幅広い分野に関わり、運動や美容なども含めた鍼灸医療に取り組みたいです。そのために、まずは治療院で働き、力を付けていきたいですね。症状が少しでもよくなるよう、相手に寄り添って手助けできる鍼灸師になりたいと思います。

施術を受ける側から行う側へ。難しくも楽しい実技習得に懸命。

在校生

吉川 一樹さん

鍼灸科3年生
茨城県ひたちなか市出身/茨城大学卒業
 以前、腰を痛めたときに鍼を体験。すぐによくなったことから興味を持ちました。もともと健康関連の仕事をしていたため、関心はあったんです。学校が祖母の家の近くにあったことから、ここで勉強したいと思うようになり、入学しました。母親の通っていた接骨院の先生が卒業生だったという影響もありますね。
 学んでいて一番楽しいと思える授業は、実技です。技術的に難しいことの繰り返しですが、学生同士でお互いに練習台になるなど、協力しながら学んでいます。逆に大変なのが座学です。専門用語がなかなか覚えられず、苦労しています。
 卒業後は地元である茨城県に戻り、治療院に勤めながら知識と技術を磨いていきたいです。ゆくゆくは自分の鍼灸院を開業できればと考えています。

西洋医学では難しい疾患にも、リスク管理に注意しながら対応。

平成20年度卒業生病院勤務

中野 一恵さん

山形県山形市出身
はり師・きゅう師資格取得
公立岩瀬病院勤務
 須賀川市の公立岩瀬病院勤務。鍼灸室立ち上げから関わり、現在はリーダーとして院内連携を図り、連日多くの患者さんと向き合っています。 妊娠中の方、難病の方、障がい者の方など、西洋医学では対応が難しい方も多く、常にリスク管理が欠かせません。その中での私の使命は、高い技術力と施術の提供。患者さんから「ここに来るのが私の救い。私はこれで生きていられます。」こんな喜びの声を頂くと、忙しい中でも生き甲斐とやり甲斐を強く感じます。
 鍼灸師は、自分の手で人を救う事ができる職業。技術を磨けば磨くほど、相手にも喜んでもらえる仕事だと思います。

東洋と西洋…二つの医学を基に、多彩な視点で疾患にアプローチ。

平成21年度卒業生鍼灸院開業

千葉 道哉さん

宮城県仙台市出身
はり師・きゅう師資格取得
ちばみちや鍼灸院仙台りはす開業
 以前は理学療法士として働き、トレーナー活動等も行っていましたが、怪我や体の痛みだけではなく、心の病気や全身の不調など、全ての病に対処できる鍼灸を知り、とても衝撃を受けました。今は開業した鍼灸院で、その時受けた衝撃を治療にかえ、患者さん一人ひとりに施術を行っています。地元はもちろん北海道や熊本県などからお越しの患者さんもいらっしゃいます。「どこでも治らなかったのに、ここに来たら治った!」東洋医学と西洋医学の両面からの治療が、患者さんの体を変えるのです。私にとって一番手応えを感じる時です。
 健康志向が高まる現代に、この鍼灸治療の奥深さを、自分のこの手で、着実に広げて行きたいと考えています。
鍼灸師とは?
授業内容の紹介
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
卒業後の進路
学費
ダブルスクール制度
 
PAGETOP