柔道整復師、鍼灸師、歯科衛生士の国家資格取得なら、福島医療専門学校(福島医専)

柔整科

授業内容・講師陣

伝えたいのは、医療人としての「ちえ、わざ、こころ。」

講師陣は、学生一人ひとりを支える
教育のプロ集団

実践的な学習を支えるのは、経験豊富な講師陣による熱心なサポートです。 本校の講師には、一線で活躍する柔道整復師や現役医師など各分野のエキスパートがそろっています。医療現場での実情に通じているため、より具体的な指導が行えるのです。

教務部長
齊藤 慎吾先生
先生教務部長兼、就職をサポートするキャリアセンター長。 柔道整復師の資格者であり、柔整科の授業を1期生から担当。医療知識だけでなく人間力や社会で生きる力を養うことを重視し学生の教育にあたる。
教務副部長
鈴木 英明先生
整形外科病院に勤務後、本校の教員となる。 病院勤務時代からメディカルトレーナーとしても活動し、経験を積んできた。長年柔道の指導にもあたり、 競技特性を熟知したメディカルケアが評価され、海外の柔道ナショナルチームなど国内外の大会・チームからのオファーを受けてグローバルに活躍している。
柔整科主任
金子 和央先生
ウェイトリフティング競技の元日本高校チャンピオン。 現在は同競技の福島県強化選手のトレーナーとして、選手のケア・コンディショニング指導などを行っている。 本校のトレーナー研究部顧問、国家試験対策担当、柔整科2学年の担任教員を務めている。

段階的に学ぶ授業とカリキュラム

本校では実際に社会で役立つ医療人の育成を目指したカリキュラムを組んでいます。授業では国家試験に直結する科目だけでなく、柔道整復師・鍼灸師としての応用力を身に付けられる科目も取り入れています。

通常授業

座学授業と実技授業を実施。国家試験に直結するものや、医療人としての応用力を身につけられる科目を組んでいます。様々な症状に対応できる知識を学びます。

国家試験対策セミナー

国家試験に必要な科目の中で、苦手科目がある学生に対する補習。国家試験の出題傾向を熟知した講師陣が講義を担当し、科目別強化指導による総得点アップを図ります。

海外研修

授業の一環として、柔整科はフィリピンの「デ・ラ・サール大学」にて、解剖学の講座や実習を実施。鍼灸科は台湾の「中国医薬大学」にて、臨床研修を実施。海外協力校で貴重な知識や技術を身に付けることができます。

柔整科カリキュラム

人体の基本的な構造を知り、基礎を学ぶ

  • ・からだの仕組みⅠ
  • ・からだの仕組みⅡ
  • ・からだの仕組みⅢ
  • ・からだの働きⅠ
  • ・からだの働きⅡ
  • ・からだの働きⅢ
  • ・スポーツ科学Ⅰ
  • ・解剖学Ⅰ
  • ・柔道Ⅰ
  • ・基礎柔整学Ⅰ
  • ・基礎柔整学Ⅱ
  • ・基礎柔整学Ⅲ
  • ・基礎柔整学Ⅳ
  • ・臨床柔整学Ⅰ
  • ・臨床柔整学Ⅱ
  • ・臨床柔整学Ⅲ
  • ・基礎実技Ⅰ
  • ・基礎実技Ⅱ
  • ・基礎実技Ⅲ
  • ・基礎柔整実技Ⅰ
  • ・基礎柔整実技Ⅱ
  • ・応用実技Ⅰ
  • ・画像評価実技Ⅰ
  • ・総合実技Ⅰ
  • ・臨床実習Ⅰ
  • ・職業教育Ⅰ

実践力と応用力を身に付ける

  • ・解剖学Ⅱ
  • ・解剖学Ⅲ
  • ・生理学Ⅰ
  • ・生理学Ⅱ
  • ・運動学
  • ・病理学概論
  • ・一般臨床医学
  • ・外科学概論
  • ・整形外科学
  • ・リハビリテーション医学
  • ・衛生学・公衆衛生学
  • ・柔道Ⅱ
  • ・臨床柔整学Ⅳ
  • ・臨床柔整学Ⅴ
  • ・臨床柔整学Ⅵ
  • ・臨床柔整学Ⅶ
  • ・基礎実技Ⅳ
  • ・基礎柔整実技Ⅲ
  • ・基礎柔整実技Ⅳ
  • ・画像評価実技Ⅱ
  • ・総合実技Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅱ
  • ・臨床実習Ⅲ
  • ・職業教育Ⅱ

国家試験対策と、現場で役立つ技術を身に付ける

  • ・解剖学Ⅳ
  • ・生理学Ⅲ
  • ・総合教育科目(Ⅰ)
  • ・疾病と傷害演習
  • ・総合教育科目(Ⅱ)
  • ・保健医療福祉
  • ・関係法規
  • ・柔道Ⅲ
  • ・柔道整復術の適応
  • ・社会保障制度
  • ・基礎柔整学Ⅴ
  • ・臨床柔整学Ⅷ
  • ・臨床柔整学Ⅸ
  • ・総合教育科目(Ⅲ)
  • ・応用実技Ⅱ
  • ・応用実技Ⅲ
  • ・応用実技Ⅳ
  • ・総合実技Ⅲ
  • ・臨床実習Ⅳ
  • ・臨床研修

海外研修

海外協力校であるフィリピンの名門大学「デ・ラ・サール大学」にて、解剖学の講座や実習を実施。貴重な知識や技術を身に付けることができます。
ハードな研修を乗り切れるよう、滞在先のホテルは、安全面や衛生面も安心の五つ星ホテルで過ごします。夜はみんなでの食事やプールでのリフレッシュなど、楽しい思い出になる8日間です。

さらにトレーナーについて学びたい方は「トレーナー研究部」

多彩なスポーツ現場を経験できる!

マラソン、トライアスロン、自転車競技、スキー場救護など様々なスポーツ現場でトレーナーとして活動します。テーピングやストレッチ施術など学校内で学んだ技術を実践したり、現場での臨機応変な対応や選手とのコミュニケーションを学べる貴重な経験です。

毎週、特別セミナーを受講できる!

週1回の特別セミナーを無料で受講することができます。セミナーでは、アスリートのケア、パフォーマンス向上、応急処置、栄養指導など、スポーツトレーナーとしての必要な知識を深めることができます。

柔道整復師とは?
授業内容・講師陣
がんばる先輩たち
国家試験合格状況
就職・サポート体制
卒業後の進路
卒業後の進路
ダブルスクール制度
 

福島医療のイベントを
のぞいてみよう!

  • オープンキャンパス
  • オープンキャンパス
PAGETOP